価格は妥当?土地の価格相場の調べ方

土地にかかわる価値を知る

土地の相場価格を知ることは、注文住宅を建てる際には非常に重要です。住宅を建てる際の費用の何割かは、土地の購入代金に費やされるので、土地の相場価格を知っていなければ、どれだけの費用の住宅を建てることができるかを判断できず、家の設計がなかなか進みません。土地の価格を知るためには、まず土地にかかわる価値を知ることが重要です。土地には主に四つの価値があり、そのひとつが実勢価格です。実勢価格とは、土地が実際に売買される際の価格を言います。そのほかの価値は公的価格に分類される公示価格と路線価、そして固定資産税評価額となります。公示価格とは国土地理院が発表している土地価格であり、路線価とは相続税や贈与税の基準となる土地価格、固定資産税評価額とは固定資産税や都市計画税などの基準となる土地価格です。

土地の相場価格の調べ方

土地のそれぞれの価値によって土地の価格は決まります。土地の価値にはそれぞれ基準が存在しているので、それを知れば土地の相場価格を知ることにもつながるでしょう。実勢価格は、実際の取引実績によって決定するので、その土地の周辺の取引実績を知ればわかります。公示価格は国土地理院の発表を調べることで分かります。路線価は公示価格のおよそ8割、固定資産税評価額は市町村が決定しています。これらのことから、実勢価格を知ることが重要です。実勢価格は、インターネットを活用すれば簡単に調べることができます。より正確に知りたい場合には、その土地の近隣の不動産会社に問い合わせることで分かるでしょう。その土地で積み重ねられた取引が実勢価格を作るほか、業者が利用するシステムによって把握することもできます。