こだわり過ぎない注文住宅を設計するのがポイント!

住宅は家族の憩いの場

注文住宅を建築するとなると夢が広がり、こんな家に住みたい、間取りはこうしたい、キッチンはこだわりたい等、様々な希望が出てきます。おひとりで住むのであれば予算と相談しさえすればそんな希望を実現することもできますが、多くの場合はご家族と住まわれるかと思います。その場合、家族全員の希望を叶えると予算以上にそもそも建築不可能な場合や間取りがおかしく、かえって住みづらくなる可能性もあります。住宅は憩いの場です。家族が日々生活をする空間です。自身の希望やこだわりも大切ですが、家族みんなが笑顔で過ごすにはどんな家が良いか。ご家族一人一人のお顔を思い浮かべながら建築計画を検討されるのはいかがでしょうか。もちろん大前提として設計をお願いする前にまずはどんな家に住みたいか家族みんなで話し合いましょう。

注文住宅でもプロのアドバイスは重要

注文住宅を建築する場合、建売住宅と違い自由に設計プランを検討することができますがその反面完成した建物に不満があってもその責任は自身にあります。建売住宅は似たような間取りや外観をしていることが多いですがその理由は建築コストを抑えられることはもちろん、設計のプロ達が与えられた予算の中でデザイン性や住みやすさを追求して建築しているからです。この敷地にどういった建物を建てればベストなのかは一般の方では分かりかねます。自身のこだわり抜いた建物を計画して完成後実際に住んでみるとイメージと違うということはよくあります。一生に一度の買い物で納得のいく家を建てるのは至難の業です。せっかく注文住宅を建てるのだから他人にあれこれ言われたくないという気持ちも分かりますが、まずはプロと二人三脚で家を建てるといった心持で取り組まるのはいかがでしょうか。