資産価値が高くなる間取りを意識した注文住宅とは!?

個性的な間取りよりも使い勝手の良さを意識する

資産価値の高い注文住宅を建てる際には「間取り」が重要となります。自分の要望を反映出来る自由度の高い注文住宅ですが、個性的でこだわりの強い間取りにしてしまうと資産価値が下がってしまうリスクがあります。資産価値を重視した注文住宅を建てたいと考えている場合は、個性よりも「使い勝手の良さ」を意識してください。注文住宅を建てる土地の立地や建物面積といった様々な条件から最適な間取りを選ぶ事が資産価値を高める事に繋がります。自分だけではなく、次の購入者や他の人が住んでも快適に暮らせる間取りとなっている事が重要です。間取りの選び方に自信がないという方は、設計の段階で施工を行う担当者に相談してアドバイスをもらうと良いでしょう。

メンテナンスやリノベーションのしやすい間取り

メンテナンスやリノベーション・リフォームのしやすい間取りを意識する事も注文住宅の資産価値を高める方法の1つです。住宅は経年劣化等で定期的にメンテナンスを行う必要があります。万が一、定期点検で住宅に問題が起きた場合に対処しやすい間取りの方が資産価値が高い傾向があります。また、間取りだけではなく、住宅の構造や使用する素材もメンテナンスのしやすい物を選ぶ方が無難です。さらに、売却時にリビングを広げたり最新の設備を導入して資産価値や付加価値を付けようとする人も増えています。売却時にリノベーションやリフォームをしたり、次の購入者が簡単に間取りを変えられるような普段の生活以外での使い勝手の良さも忘れないようにしましょう。