失敗回避!押さえておきたい土地探しのポイント

人生設計から始まる土地探し

土地探しで失敗しないためには、まずそこで一生暮らすつもりなのかどうかが大事なポイントです。若い時には気にならない事も歳を重ねたり、家族が増えることにより不自由になることが出てきます。
しかし、最初から老後は別の土地に移住すると決めていれば、購入時に外す事ができない項目を重視して良いでしょう。例えば、多少は駅や商店街から離れていても、子供が遊ぶ公園や小学校が近い方が育てやすいですよね。こうして近い将来を重視する事ができます。
また、一生その土地に住もうと考えているのであれば、老後は体力的に無理ができないので、できるだけ生活に不自由なく暮らせるところを重視すると良いでしょう。例えば、スーパー、ドラッグストア、病院などが近いところを選択すると将来も安心して暮らす事ができます。将来に合わせた土地探しをしましょう。

土地だけではなく自治体も要確認!

人生設計が決まったら、次は実際に住みたい街を探します。ここで大事なことは土地だけではなく探しているエリアの自治体です。自治体によって子育てする家族や高齢者はいろいろな手当てやサービスを受ける事ができます。
まず、子育てをする家族にとって大事なことは医療費の負担です。子供が小さい時は医療費がとてもかかります。しかし、自治体によって医療費を負担してくれる年齢制限が違います。小学校6年生までの自治体もあれば高校3年生まで負担してくれる自治体もあります。
また、老後の生活に利用できるサービスも自治体によって様々です。土地だけを見て判断せず、検討しているエリアの自治体が提供してくれるサービスをよく調べることはとても大事なことです。